funeral

永代供養の意味合い

永代供養とは、数世代という長期に渡って死者を供養する事を言います。一般的には、寺院が責任を持って永代に渡って供養を行ないます。この永代供養の起源は明確になっていませんが、江戸時代には永代台帳が存在する事から、かなり古くから行なわれていたと見られています。 永代供養と似たものに檀家制度というものがあります。この檀家制度は寺院を保持するという目的がある制度のため、寺院が供養を行なうのは近隣の家に限られています。これに対して永代供養は、地域に関係なく信仰によって供養がされるという特徴があります。この特徴から寺院の保持が難しいケースが多く、最初にまとまったお金を寺院に渡すという習慣が出来ました。 現在では少子化が進んでいるため、後々の供養を期待出来ない年配者が生前に永代供養を希望するケースが増えています。

前述したようにこうした背景から、お墓や供養を取り巻く環境も変化してきています。 寺院や墓園業者は、こうした環境の変化に対応するために様々な手段を講じています。その一つが共同墓地に合祀するというものです。共同墓地は以前からありましたが、現在ではその規模等が大きくなってきています。遺骨や位牌等を境内の共同墓地に合祀して、寺院が存続する限り供養を行なってもらうというシステムです。 また最近では、家族を持たずに生涯を終える人も増えています。こうした面からも共同墓地に合祀するスタイルの永代供養は、今度さらに注目を集めると考えられています。