funeral

少人数で行う

近年では限られた方による少人数での葬儀件数が伸びていて、トレンドとなっているような状況です。 少人数での葬儀が人気である理由は、その費用です。一般に、葬儀費用は棺や祭壇のランクによっても上下しますが、参列者の数も費用に大きく関係しています。参列者が多いほど、高額な広い会場が必要ですし、香典返しや料理費用も加算されます。そのため、単純に人数が少ないことは費用の節約になるのです。また、予め限られた人のみに訃報を知らせ、限定した葬儀を行うことで、葬儀そのものを簡略化して費用を抑えようとする方々も増えているのです。

少人数で執り行う葬儀の代表的な例として、家族葬があります。家族葬とは文字通り家族のみで執り行う葬儀のことですが、家族に厳密な定義はないため、故人のきょうだいや古い友人など近い間柄の方が参列するというケースも多く見受けられます。この家族葬は、全国的に普及している葬儀スタイルであり、近年のトレンドにも挙がっていることから、ほとんどの葬儀社で対応が可能です。 家族葬を行う場合も、一般葬同様葬儀社に相談することからはじまります。最近では専用の格安葬儀プランを持つ葬儀社も増えているためより準備が簡略化できることもあります。その一方で、親族間の同意を得ることも重要です。中には参列をお断りする方々が出てくるからです。また、一般の参列者の方向けにも、家族葬を執り行う旨を文書でお知らせします。