funeral

取り扱う業者の増加

現在では多くの業者が電報サービスを取り扱うようになっています。そのため、様々な業者が提供する電報サービスの中から、自分の予算や希望に合ったサービスを選べるようになっています。今は電話やメールが当たり前に利用されていますので、日常的な連絡をするために電報を打つような人はほとんどいません。しかし、改まった儀式の際には電話やメールではなく、電報を利用して気持ちを伝えるようにするのがマナーです。祝電や弔電の利用は、昔と比べても全く減少していません。今後も一定の需要が見込まれるため、数多くの業者が祝電や弔電のサービスを提供しています。

先程述べた通り、少し前まではNTTが独占的に電報サービスを取り扱っていましたので、その料金設定がかなり高めになっていました。弔電を打つためにNTTに申し込み電話をかけてみたところ、想像以上に高額の料金を請求されてしまい驚いたという経験を持つ人が案外たくさんいるのではないでしょうか。しかし、この業界に新規参入してきた業者の中には、弔電の料金をかなり低めの設定にしている業者がたくさんいます。NTTの弔電料金は今だに結構高めの設定になっていますが、その3分の1程度の料金で弔電が打てるようになっている業者が存在しています。料金が安くなっているからといって、サービス内容が悪くなっているわけではないため、利用者がそちらの業者に流れていっているのが実情です。利用する側としては少しでも料金が安い業者を利用したいというのが正直な気持ちですので、今後は業者間の価格競争が激化するのではないかと予想されています。